いのちの歌

2019年10月31日

こんにちは
今日は「ハロウィン」

で「神無月」最終日

半年前、平成最後の日
ある人からLINEで送られてきました↓

「いい歌だなぁ~」
と思った半年前

*****************************************************

【いのちの歌】

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたび
胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ

この星の片隅で めぐり会えた奇跡は
どんな宝石よりも 大切な宝物
泣きたい日もある 絶望に嘆く日も
そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影
二人で歌えば 懐かしくよみがえる
ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならを
する時がくるけど 命は継がれてゆく
生まれてきたこと 育ててもらえたこと
出会ったこと 笑ったこと
そのすべてにありがとう
この命にありがとう

*****************************************************

寄り添う

「即位礼正殿の儀」 天皇陛下のおことばをTVで聞いていた時に
このWordが心に残っていました。

「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら・・・」

 

ありがとう!!
最期までよろしくね(^_-)-