酸素の館と猫背

2019年1月6日

2014年5月29日のブログです!

 

<ブリージングストレッチひとことmemo>

 

猫背は「酸素の館」スペースが狭い

by ブリージングストレッチ院本院 教室 より

 

「酸素の館」に弾力性がないと、脂肪を始めとした老廃物を燃やせない

「酸素の館」の弾力性がない方に共通する姿勢があります。

それは「猫背」

猫背姿勢になると自然に胸は縮みます。
この姿勢で、深呼吸するのには限界があります。

猫背であるかをチェックできるストレッチがありますので
ご紹介します。

四つん這いになり、右手だけを逆手にします。

手のひらが浮かないように、右手は軽く床を押し、鼻から息を吸い
吐きながらお尻をゆっくりと後ろへ引いていきます。

(手のひらは浮かないように)

 

前から見ると、こんな感じ。

この時、腕の内側の手首から肘にかけて(前腕or内腕と呼ぶ)
が伸びているのを味わいます。
ゆっくりとお尻を元の位置へ戻して、一休み。
左手も同様におこないましょう。

 

 

 

このストレッチはいかがでしたか?

「イタタタ・・・」「うぅぅぅ・・・」という声が私の教室では
時々、聞こえてきます。

 

このストレッチ「猫背」の方は不得意

手首から肘のラインは背骨を表します。
この部分が縮んでいるということは背骨も縮んでいる=猫背
猫背は胸郭は広がりづらい為、浅い呼吸に

 

 

猫背チェックストレッチを毎日、行うことで背骨の柔軟性を養うことができます。

前腕(or内腕)の縮みを軽減することで

 

・背筋は伸ばしやすくなるので姿勢がよくなる

・胸郭スペースも自然と広がる


結果「酸素の館」の弾力性へと導きますので、
猫背チェックストレッチで猫背を解消しましょう!!

✫猫背ではない?!みなさま✫

他人事と想わないでくださいね!!

猫背予防になるストレッチにもなるし、背骨は自律神経と物凄く関係しているのですから・・・